隊列走行。 JR西日本とソフトバンクは、自動運転と小隊でBRTの実装を共同で推進しています

大型トラックの自動運転と小隊で成功した実験

事業戦略の一環として、Beyond Carrier Softbankは、最先端のテクノロジーでさまざまな産業の変革に取り組んでおり、このプロジェクトを通じて地域のモビリティの課題の解決に貢献することに取り組んでいます。 ・始めたときに誰とどこで会ったかを書き留める ・地域の感染状況にご注意ください• それでは、車を連続して運転することは可能ですか? 2020年8月現在、アクティブクルーズコントロール(ACC)およびレーンキーピングアシスト(LKA)の標準装備は、生産車両の標準装備になりつつあります。 2017年度からは、主要4社が高速道路でのトラック小隊建設に向けた政府の実証プロジェクトに積極的に参加し、各社の技術開発や必要な協調技術の創出にも取り組んでいます。 官民一体となってトラック小隊などの取り組みを推進しています。 これは人の介入なしで運転できます。 このプロトタイプは、4. これらの実証実験により、これまでの実証実験を経て、次期開発車両の無人化システムを設計通りに実現するために必要な機能、信頼性の向上、長期データの蓄積を確認していきます。

Next

JR西日本とソフトバンクは、自動運転と小隊でBRTの実装を共同で推進しています

また、人よりも反応が早い。 通信機構「キャタピラー小隊」 ソフトバンクが実施した実験は、2018年総務省5G総合検証試験で、無線部で1ms、高速トラフィックでエンドツーエンド伝送で10msの低遅延で通信を可能にする第5世代モバイル通信システムです。 2016年以降、国の政府による実証実験に参加し、社会インフラや法整備の問題について関係省庁と協議を重ねてきました。 レーンキーピングアシスト(LKA) 白い車線を検出し、ステアリングを調整して車線維持を維持する機能。 ACCで使用する車間距離情報に加え、車車間通信により先行車の加減速制御情報を取得し、加減速制御を行う。

Next

いすZ:4つの​​大企業が共同技術で対応し、小隊のトラックを商品化しています。後続車の小隊制御が可能な共同技術(ACC + LKA)搭載車の商品化

雨が突然止まりました(Perotonの運転支援技術は、残念ながら雨や雪の中では安全上の懸念があるため機能しません。 この目標に応えて、4つの大企業が、定速距離制御(ACC)と車線維持支援(LKA)を組み合わせた技術を搭載した製品を開発します。 それはで構成されています。 「小隊システムの早期の商業化を促進するために、2021年までに、より実用的なトレーラー小隊制御システムを2021年までに商業化することを目指しています。 長期にわたって安全性テストを実施する スヴィキスは、誰かがこの態度を少し退屈だと感じたら、それは重要だと言うでしょう。 「いくつかのルートでは、これは深刻な制限ですが、私たちは安全に重点を置いています」とSvikisは言います。

Next

新しい小隊トラック基地、新東名

安全で信頼性の高い操作のために異なるメーカーの車両の小隊を形成するために、次の車両が不快なく前の車両に合わせて加速およびブレーキをかけることができることが必要です。 ペロトンの最高経営責任者(CEO)であるジョシュ・スウィキ氏によると、米国では、何人かのトラック運転手がペロトンが支援するトラックの小隊に毎日入ります。 これは、実行するテクノロジです。 パイロット車両のACCとLKAの商品化に伴い、4つの大企業は、公共および物流会社の意見を収集し続けるとともに、インフラストラクチャサポートと政府との継続的な協議を通じてインフラ開発およびシステム開発の進展に伴い、車車間リモート保守サポートシステム( CACC)は、ACCを発展させたものであり、より便利な自動化を実現するために必要な連携技術の蓄積に取り組んでいきます。 また、コッキングを開始するときのトラックの正確な重量、ブレーキの効果、およびタイヤの効果を知る必要があります。 「小隊システムの早期商業化を促進するために、2021年までに、より実用的なトレーラー小隊システムを製品化することを目指しています。

Next

JR西日本とソフトバンクは、自動運転と小隊でBRTの実装を共同で推進しています

Appleは驚くべき特許を取得しています。 これはパーキンスが運転する長い白いセミトレーラーです。 今高速道路へ このテクニックを磨くために、ペロトンは10人のプロのトラック運転手を雇いました。 空気抵抗の低減と燃料効率の向上 ペロトンの社名は自転車レースに由来し、この小隊のメカニズムを説明しています。 小隊の休憩や渋滞時の合流など多くの課題がありますが、小隊技術は自動運転技術のパラダイムであり、AI(人工知能)や通信技術の進歩により、どちらもより高度化しています。 全自動障害車の実用化に向けて準備を整えています。 政府はその成長戦略において、22年以内にトラック小隊を商品化するという目標を設定しました。

Next

大企業4社が共同技術でトラック小隊を商品化

さまざまなメーカーの車両の小隊を編成し、安全かつ確実に操作するには、前の車に合わせて次の車が違和感なく加速およびブレーキをかける必要があり、4つの大企業が共同技術を開発しています。 2017年以降、主要4社が高速道路でトラックの小隊を建設する政府の実証プロジェクトに積極的に関与しており、各社の技術開発と必要な共同技術の開発にも取り組んでいます。 行きます。 また、基地局を介して通信するV2N2Vと、線路間を直接通信するV2Vの2つの通信方式を併用できます。 スケジュールについては、「自動運転・小隊付BRT」の主な技術的特徴は2020年4月末に決定し、2020年から車両の受注・改造、テストコースの建設が始まり、2021年以降にテストコースの実証試験が始まる。 官民が一丸となって、状況に応じたトラック小隊化やドライバーの働き方改革などを進めている。

Next